サッカーと若木骨折

【若木骨折(わかぎこっせつ)(若木屈曲骨折)】
幼児や小児の成長過程にある骨は、水分が多く弾力性と柔軟性を有するため、
あたかも若木が折れ曲がるような骨折を起こします。
骨は完全に離断しないので、ほとんどの場合整復も容易で予後も良好です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨日は、朝イチでスナバジムの会場オープンの手続き後、
プラスパワー杯の見学だけして撤収。
午後からケイタローのサッカーの試合を応援しに行きました。
スナバに参加したかったけどね(´・ω・`)

ケイタローのサッカー。
何というか、性格に起因しているのかもしれませんが、
このチームでは基本どこにでも顔をだしますw
最初は一番後ろで守っていて、ボールを取ると一気に一番前まで突っ走ります。


さらには、コーナーキック、ゴールキック、スローイン、全てひとりでやってしまう。
三年生くらいだと、体力・キック力に差があるとそうなりがちみたい。
この先はそうはいかないだろうケドね。

一試合目はどフリーのヤツを一本外しましたが、
コーナーからの同点のアシストを決めたのでまぁヨシ。
ひとりで相手をかわしながら持っていける様になったみたいだし。
わーわーサッカーになっているところで、ポンと外にパス出せるようになっていたし。
そしてリフティングの朝特訓も効果があったようです。
(先日のそらいろさんのアドバイスを伝えたら、朝ひとりでリフティングをやっているw)

で、問題の二試合目。
キーパーのポジションからスタート。
(三年生はまだポジションは決まっていないのでキーパーは持ち回り)


明らかに不慣れな様子で、嫌な感じはしていたのですが予感的中。
相手の横からのシュートを取りにいって、ボールとポストの間で右手薬指を痛めてしまった。
最初は突き指かなと思っていたのですが、
今日の夕方医者に連れて行ったら「若木骨折」だそうで。
全治一週間~二週間。

左利きなので日常生活は問題ないのですが、
来週の区の剣道大会がフイになりました(´・ω・`)
残念。

でも、これもひとつの経験でしょう。
しっかり直してください。

 


サッカーと若木骨折” への6件のコメント

  1. お大事に。リフティングきっと上手くなりますよ。親子で頑張って下さいね( ̄ー ̄)

  2. オールラウンダーで、しかもレフティーとか羨まし過ぎる。将来有望ですね。
    ポジションがちょっと変わるだけで、すぐにフィールド上で迷子(笑)になるウチの息子に見習わせたい^^;
    骨折、酷くなくて良かったです。

  3. 骨折だなんて…お大事に。
    私も小学6年のときに手首を折ったことがありますけど、若いとすぐ治りますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。