第拾九話「男の戰い」

「動け、動け、動け、動け、動いてよ。今動かなきゃなんにもならないんだ。」

今日はワタシの夏休み最終日。
あまり疲れないトコ行こう、ということで家族で越谷のショッピングモールへ。
ウチからは外環道で1本、空いていれば40分くらいで着きます。
テキトーに買い物したりして早めに帰ることに。

事件はその帰り道に発生。

ショッピングモールを出て、ちょっと走ってメインの国道へ。
さあ外環道への入り口までもうすぐ、こりゃサッカー開始前に着くなうしし、と思った矢先、
いきなりダッシュボードの警告灯やサインが3つ4つ光ったかと思うと、
エンジンがストーンと落ちました!
急に止まると危ないので、咄嗟にギアをニュートラルに入れて、惰性で交差点の停止線でストップ。
以降、エンジンが全くかからなくなりました。

二車線の右側で止まったので、ウチの後ろは大渋滞。
で、冒頭のセリフ。
なんどもイグニッションを捻っているうちに、初号機のシンジくんが降りてきました(´・ω・`)
実際はかなり焦っていましたが。。。
結局シンジくんモードになってもエンジンかからず。

すぐに保険屋に電話してレッカーを手配。
同時に110番して、交通整理と車両の移動。
故障から1時間後には愛車はレッカーで持っていってもらい、
我が家は全員パトカーで駅まで送ってもらいましたw
そうそう、駆けつけてきてくれたお巡りさんはみんな好い人ばかり。
ありがとー埼玉県警!

帰りは荷物抱えて電車。
クルマだと早いけど、電車だとめちゃめちゃ時間かかる。
無事家に着いたのは丁度サッカーが終わった頃(´・ω・`)
ご飯食べて、お風呂入ってようやくイマココ。

クルマは明日ディーラーに持っていってもらって、修理の見積もりもらわなきゃ。
修理代かかりそうだな。
(´・ω・`)ショボーン

散々な夏休み最後の日でした。
でも子どもたちは大して動揺もせずにしっかりしていたし、
思わぬカタチでパトカーにも乗れたし、で良かったのかな?

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。