悲しい気持ち

なんで対戦時間終了後の返しのターンがなくなったんだろう?
世界基準に合わせたの?
誰か教えて。



公式レギュレーション (新ウインドウで開きます)

でもまた遅延が増えるよなぁ。
実際、この間の港南の大会でも明らかな遅延行為が見受けられたし。
しかも強いジュニアの子がね。

確かに勝つテクニックかもしれないけどね。。。
うちの子にそんなこと教えはしないけど、
もし見よう見まねでやりはじめたらどうなんだろう?

やめさせる?見て見ぬふりをする?
う~ん。

子どもと一緒にカードをやっているのは、なんのためにやっているのですか?
勝つためにはなんでもありですか?
まぁひとそれぞれだけどさ。

(´・ω・`)

今日の一枚


悲しい気持ち” への4件のコメント

  1. 他のTCGでも起こってますが、かなり難しい問題ですね。
    ただ、遅延行為はペナルティの対象ですが、自分のターンで終えるように時間を調整するのはプレイングの範囲内です。
    ここは区別すべきだと思います。
    ようは程度問題なのですが、ポケカではこれを分ける基準が示されてないんですよね。

  2. >プランナーさん
    つまらない愚痴につきあってくれてありがとう。
    たしかに時間は個人の感覚ですからなんともいえませんね。

    状況としては、4-5ターンの間、
    毎回、相手自分手札&山札&トラッシュ枚数ゆっくり確認&考えている下手くそな演技。
    最後は1ターンで5分以上使っていましたw

    ジュニアがこんなゲームで楽しいのかな?と思い、
    そして、なんのためにこのゲーム始めたのかな?と思ってしまっただけです。

    確かに、勝つには時間切れワンチャンスしかない状況(返し以降で逆転負けが見えている)で
    勝つプレイイングとしては必要かもしれませんけどね。
    でも、今までの返しのターンはそれを多少でも抑止する効果があったんじゃないかな。

    まぁコレも含めて、子どもと一緒にこのルールをどう乗り越えていくかという
    ありがたい機会をもらったということなのかな。

    あ、モラルとマナーと分別をわきまえているマスター同士の対戦は好きにやればいいんです。
    自己責任で(゚∀゚)アヒャ

  3. 世界戦は詳しくないので、アメリカでの話。
    最近っていうか、9月の新シーズンから、一対戦の時間が10分くらい短縮されたんですよ。
    で、前は時間終了後追加2ターンだったのが、今シーズンから4ターンだかになった、と。
    (年初のスナバトルロードで導入した形式です)

    また、対戦相手の遅延行為に対して、ジャッジに告げる・アピールする、というのも対戦する上で必要な姿勢だと思います。黙っているだけであれば、それを黙認している、とも取られますからね。

  4. >nybbさん
    ども。
    アメリカでも追加ターンありなんですね。
    ま、しばらくは様子見ましょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。